あごの骨に穴を開ける

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、現状では確実な説はありません。

きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。

インプラント治療の大きな問題は、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで費用が異なることも事実です。

また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。

インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で全ては歯科医の裁量にかかっておりかなり治療実績には差があると考えられます。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これはチタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です