せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければ

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの熟練の技が必要不可欠と言っても過言ではありません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということであり、その分高額になっているのです。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増えています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛さもあるのです。

一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

雲のやすらぎプレミアム
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。

代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

これが、インプラントの埋入なら失った歯のみに働きかける治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラント埋入手術の直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です