親友の彼女が妊活をしている時に漢方を服用していました

妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている成分ですよね。

とはいえ、つわりや体調によっては、食事で葉酸を補給するのも難しい、なんてこともあると思います。

ノアンデ
そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、葉酸サプリメントに切り替えることで適切な量の葉酸を補給することが出来ます。

妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が少なくないですよね。

しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、葉酸が溶け出てしまっていることもあります。

一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。

友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。

私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いと雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。

友達には、いつも笑っていてほしいから、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと思っているんです。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。

自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすケースが多いです。

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。

だからこそ、支給回数を減らすのはナンセンスだと感じます。

今年で40歳になる私ですが、役所にまでリミットを設けられたようで悲しく、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。

妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。

中でも特に葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は忘れてはいけません。

ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。

今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。

代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が難しくないですから良い方法ではないでしょうか。

妊活中には、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。

妊活中の女性がよく飲んでいるお茶の中でも、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。

こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。

ですから妊活中の女性にも赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話もありますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。

妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。

ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。

妊娠に欠かせない栄養素を含むので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、偏らない食事にするのが理想的です。

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。

なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。

基礎体温表をつけていくとその変化で、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。

基礎体温表は5分もあればつけられますが、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという注意事項もありますから、きちんと守っていくことが大事です。

一日忘れても根気よく続けていきましょう。

妊娠をきっかけに栄養指導を受けたり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。

こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。

不妊体質を改善するために、食事を見直すことも重要なことだと思います。

栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が良くないのを放置していると、妊娠しやすい元気な卵子、精子は、あまり期待できないでしょう。

妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。

栄養バランスの良い食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です