歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。

自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

全てのインプラント患者にとって、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。

それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともにだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

ずっと使い続けられるかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、必ず守るようにしてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

レバウルフの評判
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

審美性を考えた場合、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることが治療を成功させるために必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です