耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右される

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置すると炎症が広がるので至急歯科医にかからなければなりません。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用を払いきれるかどうか心配になる方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。

モットンマットレス
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとって優先したい治療方法ですね。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。

大至急歯科医にかかってください。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

また、治療の失敗内容によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるデメリットも忘れないでください。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。

けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となりたいていは三千円程度に収まります。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です