りりー(Lily)とミレーユ

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、当然ながらデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの高レベルの医療技術が必須といえるでしょう。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、優先したい治療方法ですね。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。
オンリーミネラルの化粧品はネットでも大人気!

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。

インプラント以外の自分の歯と同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です