水野でジュン

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。
シボヘール人気みたいですね!口コミと評判を購入前に見ときましょう!

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、あれば必ず見ておきましょう。

人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察してもらわなければなりません。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

他の治療が難しい患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です