シラコバトと達也

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。

最近よく耳にするインプラントは、虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

せっかく完了したインプラント治療も治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことを続けなければなりません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくことも考えるべきです。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。

年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

メンズクレアランでいちご鼻は本当に改善できるの?評判や口コミを調べてみた!
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場です。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です