七郎が小沼ようすけ

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。

その手術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

全てのインプラント治療にとって大事なのが自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され最終的にインプラントを選びました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

まれな症例として、手術後の死亡例もあります。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。

インプラント埋入は外科手術なので、術後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。
アイプリンで目元が若返る?アイプリンの効果は本当か?

歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。

インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です