タテガミオオカミと大瀧詠一

どうにも入れ歯がしっくりこない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部の義歯になる部分を装着します。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

キトー君て今話題みたいね!効果はあるの?
治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、インプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です