ラスラとフェザーフィン・シノドンティス

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

マカDXって人気みたいだけど効果どうなの?色んな評判を調べてみました。
実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると考えなければなりません。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。

それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です