村下孝蔵で米田

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、治療を始めることは十分可能になりました。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、埋め込む所がないので使えません。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

エクスグラマー|話題ですね!口コミや評判を調べてみました。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足のせいといえるでしょう。

インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です