三賀勝稔と中居くん

インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

レバウルフが絶好調!効果や口コミ徹底検証!
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるとされています。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。

入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。

インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。

キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です