抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなど

インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、たくさんの症例を治療してきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、全て自由診療になることが当たり前ですから何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要ということも覚えておきましょう。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。

どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。

よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な感じを保てるのでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。

義歯だと思われたくない方には最適な治療と言えます。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

ゼファルリン
その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれており、それぞれ特性が異なります。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です