Scottの花田

パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気している現場に直接行くことはしないほうがいいでしょう。

浮気の事実を突き止められると相方が、ひどく感情的になってしまい、夫婦関係が修復不可能になることがあるでしょう。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に、大きく消耗することになります。

飲食店などの領収証の記載には飲食時の同席者の人数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と特定する材料となります。

加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに点検するようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、一人ではなく誰かといたと判断される事があります。

探偵が気づかれないようにしていても、依頼者側に落ち度があって、相手に余計な警戒心を与えてしまって証拠集めがやりにくくなり、うまく行かない事もあるのです。

浮気調査を探偵に依頼しても、100%成功することはあり得ないのです。

成功報酬にするのかどうかについても、調査を始める前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。

カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。

こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる可能性があります。

履歴があまり見たことない場所であった場合気を付けなければいけません。

そして、何度ももし給油していたら、車によりデートしていることがあります。

浮気調査は第三者に任せるべき理由は逆上してしまうかも知れません。

どんな人でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうと自分を見失ってしまうケースが多く報告されています。

スムーズに物事を進めるためにも確かな証拠を得るためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。

本人が知らないうちに、明らかに浮気していると第三者にも分かる証拠を得るには、必要となる機材や技術があります。

浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠とは認められません。

浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて相手が気づかないうちに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

浮気調査でなにより大事なのは、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

疑問が確信に変わりきらないケースでは次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。

調査により浮気が確定した場合に、次にすべきことは、浮気相手の特定です。

尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確認するのです。

まず探偵に関して言うと、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。

探偵が得意とするのは、個人の行動の調査なのに対し、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると結論できそうです。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。

それに、不倫した相手が浮気を認めない際は根拠が必要です。

どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、相当低い料金設定であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が良いかと考えます。

その他、関係団体に届け出ているのか事前調査が必要です。

法に反して調査を実施している業者には浮気調査の依頼をやめておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です