竹田和夫と中嶋

探偵の浮気調査の場合でも失敗することがないことはないのです。

探偵は浮気調査をよくやっていても、成功しないことが少なからずあります。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

それに、浮気調査実施中に不倫相手と接触しない場合には証拠を掴みきれません。

結婚した人の不倫を調査を探偵に依頼する際には、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを前もって相談します。

探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、浮気調査を行った期間が長期にわたれば高額の調査費が必要になってしまうでしょう。

調べる人の事務所により、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。

浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査の方法や時間などによって幅がありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

まず調査員が1人で浮気であるかどうかを調査することが多いでしょう。

浮気が確実なものとなったなら、再度計画を立てて浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費としては調査の際にかかった交通費とか写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるかもしれません。

一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、算出した費用です。

短い期間で浮気調査を終えると請求額も少額となります。

本人に気づかれないようにして、客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、必要とされる技術および機材があります。

せっかく撮った浮気現場の写真も、顔が見分けられないような露出不足だと証拠とは認められません。

浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずに鮮明に写真におさめることができます。

浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で依頼したら損することは無いかと言いますと場合によってはそうでないこともあります。

成功報酬ならば一般的な感覚としては調査が成功しなかった時、報酬支払いの義務がなくなるのでお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。

ですから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、選んでいる人さえいるのす。

自分でいろいろするよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

経験豊富な探偵に依頼したら、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

しかし、相手に問い詰めても浮気の事実を認めようとしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取り付けておいて、移動の様子を常時監視し、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。

移動手段に、車を使わない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。

こうすることによって、パートナーの行き先やそこで過ごした時間もわかるでしょう。

探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、いざ、自分がしてみると相手に悟られず尾行をするのは想像以上に難しいはずです。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、別段変わりは無いと言っても言い過ぎではありません。

共に、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、同じような仕事内容です。

ただ、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です