栗原のサキンヌ

パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば浮気相手との逢引現場に向かうのはやめるべきです。

浮気の事実を突き止められると相方が、ひどく感情的になってしまい、離婚を避けられない事態に陥ることもありえます。

加えて、浮気相手と話をしたことによって、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めます。

携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとして使うのが当たり前だからです。

近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。

そのため、何気なく電話することは否定できないのです。

探偵は頼まれたことの調査をやるだけではそれで終わりとは言えません。

浮気を調査していると、意外な問題が起こる場合もあります。

その時、どれだけ依頼者のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。

信頼できる探偵かを確認するのには、お話を進めるときの印象などで慎重に判断する事を心掛けてください。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は少なくなります。

また、不倫の相手が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。

第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。

一部の探偵がアルバイトの場合があるんです。

探偵をするアルバイトを検索してみると、その仕事の募集を見つけるでしょう。

ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所もいっぱいあるということです。

浮気について調べるように言うときには、個人情報がないと調査のしようがないですよね。

アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、見た情報を他人に流すことも否定できません。

探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

言うまでもありませんが、調査員が1人なら安く、増えれば増えるほど高くなります。

また、尾行のために移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認するべきでしょう。

探偵事務所調査を依頼し、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。

ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで手に入れるとなると、自分の行動が相手に見つかってしまう可能性が高いです。

その原因はズバリ、顔がばれてしまっているからです。

まず探偵に関して言うと、誰かに不審に思われないよう警戒を怠ることなく根気よく調べていきますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。

目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と見てよさそうです。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、しっかりとした確証が得られれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。

信頼のできなくなったパートナーと人生を一緒に歩むのはかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。

さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を求めれば、確実に別れさせることもできるはずです。

探偵の浮気調査の場合でも失敗することがないことはないのです。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、成功しないことがごく稀にあります。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

加えて、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠を掴みきれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です